身近に本当に効く薬があるのに

薬舗に勤めるようになって、何かの役立つかも?といった、記入売り手の権をとりました。
そうして色々な薬を勉強してみて、思ったタイミング…
 
「欧米の薬だけでは限界がある…」ってタイミング。

 そもそも欧米の薬は「対症療法」で、もとの原因を根治させるものではなく、外観を抑えるだけのもの。流感薬なんかはその典型。
熱意を引き下げる。咳を削る。鼻水を押さえ付ける。
それが意味がないわけじゃなく、こうしてきつい外観を抑えている間に流感が上向くんだからでもいいんだけれども。

それに対して漢方薬は、「体質を改善して、元々の原因を除く」ことができます。ですから、慢性の病気を治すのがおはこ。

けど私は最初は皆目、信用してなかったんです。
なんでって、漢方薬の箱には、極めて色んな外観が書かれているから…たとえば立暗みに効くって書いてあるのに、一緒に咳、戸惑い気の病とか書いてあるんです。
なにコレ?効くわけないジャン?って思ってました。

も、幾らか考えてみると、漢方薬って、ちゃんと「医薬品」なのですよ…栄養剤じゃなく。 
てこは滞り、正しく臨床トライアルして、効果があると認められてるから「医薬品」として「インパクト」を書くことができてるんです。でなければ「栄養剤」として並べるしかないんですね。

 そうして、漢方を勉強すると、どうして「立暗み」という「咳」「戸惑い気の病」が一緒に書かれているのか。それもわかります。
 端的に言えば、健康に溜まった不要な老廃物、それによる止まり、健康に必要なものの欠落、これらから色んな悪化が起こって来る。

 ようやっと身近にきちんと効く薬があるのに、活用しないなんて有する乏しい!だ。
 ぼんやり方から疲れやすい、全て頑張ってるのになぜこんなにもめんどくさがりで怠け者なんだろう、とか、なぜ小さなためイライラするんだろう、なんてぼくは精神が狭いんだ、なんて自身を責めてる方がいたら、できるだけ漢方薬を試してほしいんです。

 しょうもない体得力を正常にすることができたら。体内で滞ってるものをすっきりと流すことができたら。自身を責めなくて良くなるかもしれませんよ。http://xn--pckhtf5bxr.net/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です