一番広いのがあんまり噛まなかった

あたしは昔から取るのが手っ取り早い手法でした。
別に急いで要るわけでもないのに、速いと10分でランチタイムが終わっていました。
その理由として一番広いのがあんまり噛まなかったことだ。
お味噌汁などで送り込むようにして食するのが前提になっていて、噛むことをざっと意識していませんでした。
そのせいなのか、食事をしてから少しするとお腹が収まるという状態が続いていました。
なんとなくお腹が鎮まるとおり、また何かを食べてしまうという手詰まりが続き体重が増加し積み重ねる先方でした。

このままではだめだと思い、一念発起してダイエットを始めることにしました。
まず最初にはじめたのはゆっくりと食するということを努めることです。
時間の目安としては最低でも20分はかけて食べてある。
もちろんただ時間をかけてなんだかんだ食するというわけではなく、よく噛んでから巻き込むようにしています。
それによって満腹核心が刺激されますし、悠々摂る結果血糖ナンバーが急上昇することも抑えられます。

次にあたしは食後からだいたい半してからコーヒーを呑むようにしています。
コーヒーにはクロロゲン酸が含まれます。
クロロゲン酸には脂肪がたまるのを抑えてくれたり、胃液分泌を活発にできるという効果が期待できます。
なので、コーヒーはダイエットにはピッタリのジュースなのです。
けれども悪徳コーヒーで飲まなければ意味がありません。
ノンカフェインのコーヒーも良いので、眠る前に呑む場合はカフェインレスポンスのものを選んで下さい。
勿論長時間飲んだからといって、たくさんの威力が得られるというわけではないので1日に3~6杯スケールにとどめておいてください。

また、コーヒーは運動をする前に飲むと交替が伸びる結果によって良い脂肪燃焼に役立つとも言われています。
それで食後にコーヒーを飲んでから、半ほど時間をおいてから散歩に出てみると良いと思います。

ぜひともゆっくりとランチタイムをし、ホッとしてからコーヒーを呑むというダイエットをどうしても試してみてください。グルコバイ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です